ベイザーリポ脂肪吸引とは?

第三世代超音波脂肪吸引とも呼ばれるベイザーリポは、吸引用の管であるカニューレを脂肪に当てることで、ベイザー波と呼ばれる36KHzの超音波を発生させ、脂肪細胞を乳化させる施術のことです。凝り固まった脂肪を軟らかくしてから吸引するので効果が高く、アメリカのFDAの認可も受けているほどなので、ダイエットになかなか成功しない方におすすめです。

 

ベイザーリポは、皮下脂肪の約90%を除去することが可能で、他の脂肪吸引法の中でも高い効果がある施術といわれています。従来の脂肪吸引法よりも痛みやダウンタイムも少ないうえに、引き締め効果もあるため、ベイザーリポの術後に皮膚がたるんだり、凸凹になるリスクがほとんどないのが特徴です。

 

ベイザーリポを行う際は、全身麻酔をしますから、施術中は痛みを感じることはないものの、施術後しばらくは、個人差はあるものの鈍痛を感じるようになります。しかしやがては治まりますから、麻酔経験の豊富な出来るだけ実績のある美容クリニックでベイザーリポを受けるようにしてください。

 

ベイザーリポ脂肪吸引の料金はどれくらい?

最近ベイザーリポという脂肪吸引が話題になっています。従来の脂肪吸引と違い、ベイザーリポは振動エネルギーを使用する事によりピンポイントで希望部位の脂肪組織をバラバラに出来る最新の技術です。つまり気になる部分だけを細くでき、さらには吸引した脂肪を豊胸手術に使えるなど驚くべき点も!

 

さて気になるのはその料金。頬や顎など小さな部位で20万〜30万程度、二の腕や太ももは25万〜あるものの箇所によっては80万ほどかかる場合も。またクリニックによってはお得なセット料金が用意されているところもあるので、気になるクリニックに問い合わせてみるのが1番でしょう。

ベイザーリポ脂肪吸引のダウンタイムはどれくらい?

ベイザーリポはベイザー波を使った、脂肪吸引の1つです。
ベイザー波を脂肪に当てる事により、脂肪細胞を乳化させ、より吸引力を高めます。
皮下脂肪の約90%を除去できるという、優れた痩身効果を持つ医療痩身です。

 

ただ、脂肪を吸引する為にカニューレという細い管を、体に挿入する必要がある為、ダウンタイムは避けられません。
ベイザーリポを受けた場合、腫れや痛みが1週間程度、内出血が2週間から4週間程度あると言われています。

ベイザーリポ脂肪吸引の副作用はある?

ベイザーリポは今までの脂肪吸引と違い振動エネルギーで脂肪のみを遊離させる方法のため、周囲の血管や神経を傷つける事がない方法です。施術後の鈍痛や腫れ、内出血がありますが、1か月前後で治まります。副作用はほとんどないと言われていますが、少しおうとつが出来たり、思った形にならなったなどの訴えもあります。これはベイザーリポを施術する医師の技術力でカバーできる副作用なので、施術経験が豊富な医師を選ぶ事で解決できます。

ベイザーリポ脂肪吸引の体験者による口コミ評判

思春期のころから太り出し、運動やエステに行ってもなかなか痩せることができず思い切ってベイザーリポで脂肪吸引をしました。なかなか落ちない太ももと二の腕をやってもらいましたが、施術後の痛みもほとんどありませんし、翌日は仕事へ行くこともできてます。見た目やサイズ的にも十分満足しているのでベイザーリポをして正解だったと思いますし、むくみは多少ありましたが1年も経てば施術をしたことを忘れるくらい普通に過ごせています。

 

 

ダイエットに成功した試しがなく、脂肪吸引したかったのですが、ダウンタイムなどが怖くてなかなか一歩を踏み出せませんでした。そこで、前から友人に進められてた体にかかる負担がないというベイザーリポを受けることにしました。ベイザーリポだと最新のマシーンで振動エネルギーを与えながら脂肪組織のみを遊離させて吸引するので、ほかの組織にダメージを与えずに吸引できるとのこと、術後の腫れや出血もなく、次の日から元気に会社に出勤できました。気になっていたヒップラインの部分やせができたのが満足です。

 

 

部分痩せがなかなか実現しなかったので、評判のベイザーリポをやってみることに。いざ体験してみると、手術中は全身麻酔ですので痛みは全くありません。しかし、手術後には鈍痛があり、1週間ぐらいは腫れや痛みが少しありました。でも、痛みどめなども飲んでいたので、我慢できないほど痛いということではありませんでした。即効性があり、一度で思い通りのウエストラインが作れたので、今はとても満足しています。費用をかけただけのことはありました。

 

 

 

>> 施術例40000件以上の人気クリニック