切らない脂肪吸引とは、医療機関で施術がうけられる安全な痩身治療です

切らない脂肪吸引とは、全身どこの部位でも痩せることが可能で、身体に負担をかけない痩身治療です。

 

この手術方法は、医療関係で施術を受けることが可能で医師のもとで安全に行なう痩身治療のため、短期間に確実に結果が期待できます。また、体外から脂肪細胞に働きかけ、この細胞のみを破壊することが可能で、皮膚を切開する必要はなく、周囲の内蔵や組織を傷つけることもなくダウンタイムも短くなります。

 

この手術では、専用の治療器を使用します。この機器は、脂肪細胞のみを加熱し冷却して体外へ排出でき、ベッドに横になっているだけで痛みもなく、リバウンドしにく身体になることが可能なのです。

 

1回の施術は約1時間です。脂肪細胞の厚さと希望の部位により1回?3回の施術が必要です。1回の施術の後は、4週間は間をあけます。痛みのない治療がよい方、メスや針などを使う施術ではなく部分痩せがしたい方などに適した治療で、傷跡などが残らず、安全に痩せることが可能な方法です。

切らない脂肪吸引の方法とメリットについて

切らないで済ませるこの方法はメスを使った切開が必要ないダイエット法です。
従来の切開法であればカニューレで脂肪を吸引するため皮膚を切る必要があり、処理後の肌がなめらかになりにくい事やダウンタイムが長い事が難点でした。また、切開した傷跡も残ってしまう可能性もあるので全身くまなくヤリたがっている人には見た目の美しさの点からみてもイマイチと言わざるをえないでしょう。

 

切らないで脂肪を破壊するためには専門のマシンが必要ですが、基本的には超音波や高周波などを利用した機器を肌の上に充てるだけで体内の脂肪細胞にダメージを与えます。熱で溶解をするものや凍らせて体外に排出させるものなどタイプは様々ですが、痛みがないことや施術時間が短くてすむうえ、腫れなどの術後の不快感がないのがメリットです。

 

またもうひとつのメリットとして、自分の痩せたい部分だけを狙うことができるので希望通りのボディメイクがしやすい事にくわえ、切らないでやることにより引き締めた後は脂肪細胞自体が小さくなるのでリバウンドがないことです。食事制限や運動をしなくても数回の治療でサイズダウンをすることが可能です。

脂肪吸引を美容外科以外でも受けられる?

美容外科以外でをご希望でしたら、エステサロンでメスを使わない切らない方法を選択することもできます。
キャビテーションは、外科手術を行わずにできる、切らない脂肪吸引のエステと言われています。皮膚の外から、超音波を出すエステマシンを当てていきます。これにより脂肪細胞は破壊しされていきます。溶けた脂肪は、スムーズに体の外へと排出して行くという仕組みです。
デメリットは、美容外科という医療機関でないため何かあった時の素早い対策が遅くなるところですね。