脂肪吸引のダウンタイムを徹底解説!

脂肪吸引のダウンタイム

なかなか落とせない二の腕や下半身の脂肪も根こそぎスッキリできるのが、確実な医療痩身で行う脂肪吸引です。ダイレクトに脂肪細胞を取り除くことができますので、これまでのような辛いトレーニングやダイエットをする必要がありません。

 

基礎代謝が低下をすることでヒップや太ももなどの下半身には脂肪がつきやすいですが、医療での治療ならスッキリとさせることができます。痩せたい部分にだけスポット的に処置をして、脂肪を取り去ることのできる手段であり、お腹や太ももに頬や二の腕など、あらゆる部分の吸引をすることが可能です。

 

手術をしてその日からすぐに理想体型になるわけではなく、脂肪は無くなったものの、完全なスタイルになるまでにしばらくはダウンタイムがあります。脂肪を除去した後はその後のケアや過ごし方が重要であり、人の目に触れても平気なくらいになるまでには、一定の時間が必ず必要です。

 

すぐにあるのは内出血であり、皮下の位置で出血が生じています。地球には重力がありますので、皮下部分で出血を起こしたら固まって、今度は下へと下がりますので、内出血はやがて黄色くなって消えるので心配はいりません。どの部分の脂肪を除去するのか、量はどれくらいかにもよりますが、期間的には大体1ヵ月ほどが目安です。

 

脂肪吸引のダウンタイム 約1ヶ月

 

吸引をした際の大きな負担を感じることで、皮下の部分では炎症が起こります。これが手術をした後に生じる、人には見せられないような、強いむくみや腫れの症状です。スリムなナイスバディになるためにも、むくみとはしばらく戦う必要があります。平均的に強い腫れやむくみの回復には、大体3ヵ月くらいは必要です。いつを仕上がりのゴールにするかを決めておき、逆算をして手術を受ける必要があります。

 

現代では様々な手段での脂肪吸引の方法がありますが、カニューレ等の医療機器の吸引管を差し込み、無駄な脂肪を吸い取る方法です。部分的に手術パーツが狭いと、ひと月もかからずに治まることもありますが、多くの場合はもっと長い期間が必要になります。ひと段落をしたら手術を終わりと感じますが、完全に施術部位が復活をするまでには時間がかかります。

 

ダウンタイムを過ごしているときにはは痛みもつきものであり、まるで運動をした後のような、筋肉痛を感じることは多いです。これも時間の経過と共に治まっていきますので、しっかりとガードルなどで押さえたり、清潔にするなど自分でできることを地道に行います。