ボディジェット脂肪吸引とは?

脂肪吸引というと、これまでは脂肪組織以外の血管や神経を傷つけたり内出血を起こす恐れがあり、腫れや痛みがあるためダウンタイムが必要というデメリットがありました。それを解消したのがボディジェットという新たな方法です。

 

ボディジェットでは脂肪吸引の前に麻酔液と止血剤の入った生理食塩水のジェット水流を注入します。すると脂肪層と筋肉層の間に水が入り込んですき間ができます。水の層が血管や筋肉、神経といった重要な組織を保護した状態で、強力な水流が脂肪だけをどんどん削っていくことができます。そのため、ボディジェット方式では周辺組織へのダメージを最小限にとどめることができます。また、麻酔が効いているため、痛みを感じることなく施術を受けることができます。強力な水流で脂肪層をやわらかくしてごく軽い吸引力で除去していくので体に無理がなく、出血もほとんどありませんし傷口も小さくて済みます。ボディジェットなら、肌表面はなめらかでとてもきれいな仕上がりになり、術後の経過もスムーズです。

 

 

>> 新治療ボディジェット キャンページ実施中!

 

 

 

ボディジェット脂肪吸引の料金はどれくらい?

ボディジェットは、大手の美容外科クリニックに導入されている方法の中でも、短期間のうちに効果が現れるため、ダイエットや美肌を目指している女性からの注目が集まっています。この脂肪吸引方法の料金は、数千円から数万円程度に設定されています。具体的な料金は利用するクリニックのホームページを御覧ください。各社得手不得手があるので、この方法での症例が多いところから選ぶといいですよ。

ボディジェット脂肪吸引のダウンタイムはどれくらい?

ボディジェットのダウンタイムは、人によって差がでますが、おおよそのダウンタイムは1ヶ月〜2ヶ月程度でしょう。短い人だと2〜3週間くらいになることも。

 

ほかにも、手術した部位によってもかなり違ってきます。お腹や太ももなどは長め、それ以外は短めになるようです。これは吸引する脂肪量にも影響していますね。量が多ければそれだけ体へのダメージも増えてしまいます。

ボディジェット脂肪吸引に副作用はある?

クリニックによってはボディジェットだけ実施しているところもあるようです。通常の脂肪吸引よりダウンタイムが短く負担が少ないと言われています。水流で脂肪と周囲の細胞を分離するため凸凹になりにくいというメリットも。そんなボディジェット方式ですが、施術後すぐは麻酔が残っててしびれる、しばらくして痛みがでる、アザが出る、といった症状がでるくらいで(これはどの方法でもでるもの)これといった副作用はありません。何か問題が起こるなら医師の腕が悪いだけでしょう。最初の医師選びで失敗しなければあまり気にしなくてもいい部分でしょう。

ボディジェット脂肪吸引体験者の口コミ・評判をピックアップ

ダイエットをしてもお尻やウエスト周りの余分な肉が思うように落ちず、コンプレックスに感じていたのでボディジェットを試してみることに。
最初は不安に感じることもありましたが、こちらが納得するまで丁寧に説明してもらえたので安心できましたし、痛みは2週間ほど続きましたが回復するまでの期間は短いと感じています。少しの間は腫れましたが、腫れが引くと確かに痩せていましたし、コンプレックスも解消されて、やってみて良かったと思います。

 

 

ボディジェットで脂肪吸引をしました。初めての経験で不安でしたが、丁寧に説明を行ってから施術をしてくれたので不安が解消できました。今までいろんなダイエットを試してはダメ、試してはダメの繰り返し。なかなか痩せることができなかったので、魅力的なスタイルが手に入って満足です。ボディジェットをしてから、周りからもきれいに痩せたと評判です。気になっていた太ももの贅肉がなくなってファッションの幅が広がりました。ショートパンツもすっきりと着こなせて満足しています。ボディジェットをしてよかったです。

 

 

ボディジェットでしっかりと無駄なお肉を取ってもらいました。今まで太くてミニスカートを着ることができなくて悩んでいましたが、脂肪吸引をしておかげできれいなスタイルになれて脚がすっきりとしました。だからミニスカートも自信を持って着こなすことができるようになりました。しっかりと希望を確認して脂肪吸引を行ってくれたから満足できるスタイルになれました。脂肪吸引は面倒な運動などしなくてもきれいになれるからよかったです。