一回の脂肪吸引施術で取れる量は?

脂肪が付いて気になる部分であれば、誰でも確実なダイエットが行えるのが脂肪吸引です。

 

自分だけでは行いにくい部分痩せができることでも知られ、ダイエットに勤しむ多くの人から利用されています。

 

そのような中で、一回施術を受けるとどのくらいの脂肪がとれるのかについては、気になる人も多いのではないでしょうか。

 

そこでここでは、脂肪吸引施術で一回で取れる脂肪の量について、詳細を見ていきます。

 

一度に取れる量の平均はどのくらいなのか

 

脂肪吸引で一回に取れる量の平均は、3000〜4000cc程度であると言われています。

 

一度にあまりに多くの脂肪を取り過ぎてしまうことは、かえって体への負担となり、思わぬトラブルの原因になります。

 

そのため、大幅な部分痩せやダイエットをしたいからといって、一度に決められた量以上の脂肪を取ることはできません。

 

また、施術をする部位によっても取り除くことができる脂肪の量に違いがありますし、同時に脂肪吸引ができる場所の組み合わせもある程度決まってきます。

 

一度に受けられる施術部位の組み合わせとしては、お腹周り・太もも全体・ヒップの組み合わせや、上半身全体もしくは下半身全体のいずれかが基本です。

 

要するに、全身の脂肪を取り除きたいといった場合には、複数回に分けて施術を行う必要があります。

 

それぞれの部位ごとに取り除ける脂肪の量は?

 

それぞれの部位ごとに取り除ける脂肪の量についてですが、お腹周りであれば1800〜1500cc程度、ヒップと太ももの裏部分であれば1000cc〜1500cc程度、太ももの表部分であれば1000cc〜1500cc程度と、脂肪が付きやすい部位に関しては多めに脂肪を取り除くことができます。

 

一方で、ふくらはぎであれば400〜800cc程度、背中と腰であれば300〜500cc程度、二の腕であれば400〜800cc程度、頬とアゴであれば100〜200cc程度と、脂肪の量がそこまで多く付きにくい部位に関しては、一度に取り除ける量も少なめになります。

 

もちろん、その人その人によって脂肪の付き方や量は異なるため、当然取り除ける量に関しても異なります。

 

カウンセリング時に医師と十分に確認を行い、取り除く脂肪の量を調整するようにしましょう。

 

 

以上が、脂肪吸引施術で一回で取れる量についてです。

 

施術を受ける上では、一度に取り除ける脂肪の量や可能部位の組み合わせに決まりがあります。

 

そのため、医師と事前に十分な打ち合わせを行うことが大切です。